0466-53-9834
MENU

クリニックの内視鏡検査について

About our endoscopy

クリニックの内視鏡検査についてAbout our endoscopy

食道科・消化器病・胃腸科・内視鏡の専門医による内視鏡検査に加えて、消化器専門の組織検査医師(病理医)が組織診断を担当する2つの専門医の目で診断・治療を行う体制が他にない特徴で、クリニックでありながら専門病院や大学病院と同様の精度の高い診断・検査を安心して受けることができます。

苦痛の少ない内視鏡検査に努めます。眠るお薬の使用、鼻からや細い内視鏡での検査や大腸内視鏡前の下剤が苦手な方への工夫も行っております。苦痛や不安が減ることで、東京・千葉・埼玉からをはじめとして、遠く海外からも内視鏡の受診が広がっています。詳しくは 胃(上部消化管)内視鏡検査大腸(下部消化管)内視鏡検査 のページをご参照ください。

NBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)や拡大内視鏡などの充実した内視鏡機器・先端技術を駆使して、精密な内視鏡診断・治療を行います。

通常の内視鏡像NBI

食道癌(矢印)の通常の内視鏡像(左)とNBI(右)

食道癌(矢印)の通常の内視鏡像(上)とNBI(下)

通常の内視鏡では発見することが困難な早期の食道癌も、NBIでは茶色域として良好に認識されます。内視鏡の手元のボタンを押すだけで手軽にNBIでの観察が可能なため、当クリニックでは全ての内視鏡検査でNBIでの観察を行いご病気の早期発見に努めています。

通常の内視鏡像NBI

大腸腺腫の通常の内視鏡像(左)と拡大NBI(右)

大腸腺腫の通常の内視鏡像(上)と拡大NBI(下)

通常の内視鏡では良性か悪性かの判断が困難な平坦な大腸ポリープも、拡大内視鏡でポリープの表面を観察することにより良性の腫瘍(腺腫)と診断して切除しました。拡大した観察で悪性の癌の可能性がある場合には、精密な内視鏡検査を行い治療法を検討します。内視鏡の手元のノブを押すだけで手軽に拡大した観察が可能なため、当クリニックでは治療するポリープを拡大して観察した上で、治療法を決定しています。

胃と大腸の内視鏡を同じ日に行うことも可能です。1日で検査を済ませたい方にはお勧めです。事前に検査の前日の検査食や下剤をお渡しする必要がございますので、検査の前に一度クリニックを受診ください。

消化器内視鏡技師資格の認定に長年力を注いでいる院長の指導のもと、消化器内視鏡技師ならびに内視鏡室専属受付の経験豊かで専門的なスタッフが対応いたします。

専門病院ならびに地元の中核病院の診療部長としての経験と内視鏡の専門的診療を維持して、クリニックでご提供いたします。

内視鏡は胃や大腸を直接見ることができる上に、組織の検査やポリープの切除などの治療も行うことができます。また、他の検査での異常は結局のところ内視鏡に回ってくることから、まだ症状が出ていない治せる段階の「」を見つけるためにも、内視鏡検査を強くお勧めいたします。

pagetop